2018/9/11の区議会で酒井区長は中野サンプラザ解体を表明したのか? を巡る謎

[当日の状況]
2018年9月11日13時、中野区議会第3回定例会初日の本会議が開会。この時、中野区議会の取材などふだんは全然こないNHKのカメラが記者席最前に陣取っているのに、傍聴した区民の多くが気付きました。

一般質問の1人目、区議会野党・自民党の高橋かずちか区議。予め区に通告した質問事項に「中野駅周辺まちづくりについて」が入っていました。

f:id:nakanocitizens:20181128194315j:plain
f:id:nakanocitizens:20181128194312j:plain
(区議会HPの動画より)

中野サンプラザの方針決定に「そろそろリーダーシップを」と酒井直人中野区長に求めました。

中野駅整備や周辺各地区のまちづくりへの影響を考えますと躊躇している場合ではありません。基本構想の最後にも申し上げたとおり、そろそろトップダウンのリーダーシップを発揮すべきときが来ているのではないでしょうか。

-- 高橋かずちか区議(自民党)、区議会議事録より

 

高橋区議の質問が終わり、答弁に立った酒井区長。 

f:id:nakanocitizens:20181128194308j:plain

中野駅新北口駅前エリア、この区役所・サンプラザ地区の再整備については、より多くの区民の声を聞くところから始め、中野サンプラザに対する思いだけでなく、中野駅西口改札の早期開設、施設のバリアフリー化を望む声など幅広く受けとめてきたところでございます。並行して再整備に係る課題整理を行い、この再整備が周辺各地区整備と密接に関連していること、特に中野駅西側南北通路・橋上駅舎整備を進める上での与条件となっていることを考慮し、再整備に向けた検討を進展させていく考えでございます。

中野サンプラザについては、歴史や実績といった記憶、施設の形状や機能といった形、ブランドとなっている名前、この記憶、形、名前、この三つのDNAを新しいサンプラザにしっかりと引き継いでいくことを注力していこうと考えております。引き続き、区民会議などを通じて、新たな中野のランドマークをどのようにつくっていくか、議論していきたいと考えております。

-- 酒井中野区長、区議会議事録より


高橋区議の質問に対する酒井区長の答弁が終わると同時に、NHKのカメラは議場から退出。間もなくNHKが「酒井区長サンプラザ取り壊し表明」を報じました。 

  

この本会議は傍聴人約20人、酒井区長の発言を選挙中から追ってきた区民が複数傍聴していましたが、いずれも答弁を聞いた時サンプラザに関し「新しい発言はなかった」と受け止めました。

  

 

 

これは、NHK報道に関し当時多くの区民が持った「区議会自民党の陰謀か!?」という疑念と思われますが、その点は後で考察します。

 

酒井区長はサンプラザに関し区民の声を聞いて再検討すると言っていたため、区民にとってNHKの報道は寝耳に水でした。 

11月末の現在に至るまで酒井区長は区民に説明していません。

 

 [NHK仕事早すぎないか? という謎]

本会議は2018/9/11の13時に始まり、まず諸手続きや新旧副区長あいさつ、区の人事異動報告、補正予算採決、前副区長へ感謝状贈呈などがありました。

その後一般質問に移り、一番手の高橋区議は持ち時間約50分のうち約15分を残して質疑を終了。この時点で14時前後だったと思われます。

NHKの「酒井区長サンプラザ取り壊し表明」報道、ウェブ記事の時間は15:55。記事の内容を伝えるNHKツイッター2本は15:57と16:00です。NHKのカメラが中野区議会の本会議場を退出してから約2時間しか経っていません。早いですね!

f:id:nakanocitizens:20181129014809j:plain

早いだけじゃなく異常に長くて詳しいな! おまけに、

区議会議事録:

周辺各地区整備と密接に関連していること、特に中野駅西側南北通路・橋上駅舎整備を進める上での与条件となっていることを考慮し、再整備に向けた検討を進展させていく

NHK:

「周辺各地区の整備と密接に関連していることを考慮し、再整備に向けた検討を進展させていく」と述べ、計画通り、建物を取り壊す方針を明らかにしました

 

区議会議事録:

歴史や実績といった記憶、施設の形状や機能といった形、ブランドとなっている名前、この記憶、形、名前、この三つのDNAを新しいサンプラザにしっかりと引き継いでいくことを注力していこうと考えております

NHK:

歴史や実績といった記憶、形状や機能といった形、ブランドとなっている名前、この3つのDNAを、新しいサンプラザに引き継いでいくことに注力したい

答弁がまるでNHKに事前に渡っていたと疑いたくなる正確な引用。

クルーが中野から渋谷のNHKに戻ったのが14時半くらいとして、撮った動画を再生してキモの発言を探して文字起こしして、原稿を書いて、デスクのチェックを受けて、原稿書く担当と映像担当が調整して、最終的に完成したとっても詳しくて長くて正確な原稿がNHKのニュースサイトにUPされたのが16時前。さすがNHK、仕事早いね!


……いやいやいやいや無理。
誰かがNHKに事前リークしたと疑うのが自然。
酒井区長が実際には答弁で言わなかった「サンプラザ取り壊し表明」の情報付きで事前リーク。

 

[リークしたとしたら誰が?]
区議会での答弁を事前に知る立場にあるのは酒井区長本人と一部区職員。本人以外では、関係部分の答弁を書いた、あるいは答弁内容に関し区長と相談をした、サンプラザ地区再開発担当部門の誰かである可能性があります。

 

----------

12月「旧中野刑務所正門」の現地保存決定でも報道が先行(この時はNHKではなく朝日新聞)し区議会で質問がありました。区職員は「担当者は誰もリークしてない」との趣旨の答え。担当部署の職員でないとすると、もっと酒井区長に近い部署の人がリークした? サンプラザの場合は? [この項2018/12/11]

-----------


区議会自民党の関与を疑う人もいますが、区議会自民党、事前に区長の答弁原稿は渡してもらえないのではないでしょうか。(注: 中野区議会では自民・公明は野党、与党は6月の区長選で酒井氏を支持した立憲・共産です)

それどころか区議会自民党は9/11の答弁時、酒井区長が「サンプラザ解体」に舵を切る重要発言をした(ということになっている)のすら気づいてなかった可能性が高いです。なぜならたびたびヤジで騒がしい区議会自民党がこの答弁時は静かでした。

区議会自民党NHK報道と無関係だったことを示唆する発言があります。9/19中野区議会決算特別委員会(11/22に議事録公表)で、自民党の内川和久区議が総括質疑で次のように述べています。

定例会初日の9月11日、サンプラザの取り壊しが確認されたとNHKの報道がありました。

区役所・サンプラザ地区一体再整備に関しては区民会議において議論が継続されており、この報道にはいささか唐突感があります。

内川議員は9/11の答弁を現場で聞いているのにもかかわらず、区長が「サンプラザ解体を表明した」とは言わず「NHKの報道がありました」と言っています。つまり自民党が恐らくNHK報道と無関係なだけでなく、答弁を聞いていた自民党議員にも酒井区長が「サンプラザ解体を表明した」とは受け取られなかったのですね。

内川議員はさらに突っ込んだ発言をしています。

今回、定例会の一般質問で、確かにいきなりNHK、あと読売でしたかね取材に入って、本当に唐突感があったと思いますし、これ、語弊がありますけれども、出来レース、うまくマスコミを区長が使ったんじゃないかなというようなことも、私は……まあ、これは個人的な意見です。

酒井区長の目の前で言っていますが、区長は否定しませんでした。

 

[なぜNHKの原稿に酒井区長が言ってない「取り壊し表明」が入ったか?]
もともとの酒井区長の答弁原稿に「解体表明」が入っていたのを区長が読まなかったか? リークした人が答弁原稿にない情報をNHKに渡したか? 推測するしかなく分かりません。

「周辺各地区の整備と密接に関連していることを考慮し、再整備に向けた検討を進展させていく」と述べ、計画通り、建物を取り壊す方針を明らかにしました

NHKのこの書き方からすると、もしかしたら最初からはっきりとした表明は答弁原稿に入ってなかったのかもしれません。

 

[酒井区長の答弁、それでもあなたには「解体表明」としか読めない?] 

でもね、こういうこと酒井区長は2018/6/10の当選前からずっと言ってるんですよね。

中野区長選立候補予定者公開討論会(2018/5/28中野駅北口広場、東京青年会議所主催)

f:id:nakanocitizens:20181129033622j:plain

f:id:nakanocitizens:20181129043231j:plain

f:id:nakanocitizens:20181129033842j:plain

f:id:nakanocitizens:20181129033614j:plain

f:id:nakanocitizens:20181129033611j:plain

目新しさのない発言だったのに、なぜNHKは「サンプラザ解体発言」として詳しい記事を速報したのでしょう? そのあと日経など各新聞社がNHKの追っかけ記事を出しています。

 

[翌日以降の状況]

翌9/12、サンプラザに関する質問を通告していた、いながきじゅん子区議(都ファ)の一般質問と酒井区長答弁の時も、その間だけNHKの姿がありました。
しかしサンプラザの質問がなかった3日目の9/13の一般質問にはNHKはいませんでした。

 

9/11のNHK報道後、酒井区長を信じたい区民たちから「酒井さん説明して」「本当のことを言って」との声が相次ぎましたが、区長は今に至るまで区民には一切直接説明をすることはありませんでした。
(10/29に「区役所・サンプラザ地区再整備推進区民会議」で説明がありましたが「区民会議」は名前が欺瞞で、委員30人のうち公募区民はたった3人です)

 

沈黙を守る酒井区長本人に代わり、NHK報道後の1週間、区長周囲から相次いで「サンプラザを壊すべき理由」の表明があり、サンプラザ解体に反対する区民を黙らせようとする動きまで見られました。

一方ネットには「サンプラザは地震で倒壊する」「老朽化でテナントの雨漏りがひどい」「地下に水が溜まる」「古くて補修の材料が手に入らない」「床にビー玉を置くと端まで転がる」などのデマが大量に流されました。


NHK報道から1週間後の9/18、酒井区長は定例記者会見で正式にサンプラザ解体を表明。

 

その後の動きは下記をご参照ください。下記2つのまとめには「区民会議」にNHKが取材に姿をあらわすと決まってサンプラザに関する区の方針を先行して報道していること、その後の追っかけ取材の各新聞に対し「区幹部」が区の方針としてNHKが報じたのと同じ内容を伝えている様子が記録されています。もしNHKへのリークが事実あったとしたら、この「区幹部」はリークした人物と同一であるかもしれません。

 

NHKが「酒井中野区長が取り壊しを表明した」と報道された2018/9/11の区議会本会議の議事録は、2カ月近くたった11/5にようやく公表されました。
この記事は、それを始めとする幾つかの資料を元に、問題のNHK報道とその後の中野区の動きを巡る謎を考察しました。
中野区議会のHPで公開された9/11高橋区議一般質問の動画の長さは約23分間で、酒井区長のサンプラザに関する発言の前までしか収録されてないため、実際の酒井区長の一言一句の発言は確認できません(中野区議会はライブ中継なし、録音は許可されない)。区議会議事録は正確なものだと仮定しています。

 

酒井区長の「サンプラザ解体発言報道」を巡る謎は、中野区が区長を換えたにもかかわらず大して区民の意見も聞かず従前と変わらない中野駅周辺玉突き開発に邁進することを早々と決定した後の今となっては今更どうでもいいことかもしれないですが、後になって経緯をたどるのは大変なので今のうちに記録しました。

酒井区長の支持者が「区長だけ換えてもダメ、来春の区議選で区長派の区議を増やさないと」というのはその通りなのでしょう。しかし旧来の悪弊をなかなか一掃しにくいのは区議会だけでなく区役所も同じと思われ、両方変わらなければ区政が変わるのは難しいのではないでしょうか。

(2018/11/29( r ))

 

**********

 

2018/12/12酒井区長ようやく区民の前でサンプラザ解体を説明