2019年7月安倍首相中野駅街宣捨て看板の処理費用は誰が払ったか(情報公開請求)

放置捨て看板撤去

2019年7月7日、中野駅北口で安倍首相が参院選応援の街宣をする前の7月4日ごろから、中野区内に大量の捨て看板が置かれました。

自民党総裁内閣総理大臣 安倍晋三来る! 7月7日(日)3時30分 中野駅北口」

 

捨て看板は7月5日、区民からの苦情を受け、中野区職員が即日撤去してくださいました。

 

屋外広告物法の違反立て看板などの「簡易除却」という制度に基づく撤去です。

区は、はり紙、はり札および立て看板を発見した場合、屋外広告物法に定める「簡易除却」という制度に基づき、違反を発見した場合は即時に撤去します。

中野区公式ホームページ

 

撤去の経緯は下記モーメントをご参照ください。

 

情報公開請求

8月12日、中野区が捨て看板をどう処理したのか、情報公開請求しました。情報公開請求のやり方は下記中野区ホームページの「情報公開制度」をご参照ください。パソコンやスマホから電子請求できます。「請求を受けた翌日から15日以内に公開の決定を行います」ということです。

 

iPhoneから電子申請した情報公開請求のスクリーンショットです↓。

f:id:nakanocitizens:20191107023439j:plain

情報公開請求
開示を請求する文書
2019年7月1日から8月12日の間、JR中野駅周辺など中野区内各所で放置されていた「安倍晋三来る 7月7日(日)3時30分中野駅北口」という捨て看板に関し、
(1)中野区が区民などから受けた苦情の時期と件数と内容、
(2)即時撤去した看板の位置と数、時期、道路課などから作業に従事した人員の数、
(3)撤去した看板の保管料と処分料などを責任者へ請求した状況と時期、責任者の名称、それぞれの請求金額、
(4)(3)が支払われたかどうか、支払われたとしたら支払われた金額と時期、支払われなかった場合は中野区はその費用をどうしたか、
が分かる書類の一切。
CDによる交付を希望します。

 

中野区から8月23日付で「区政情報一部公開決定通知書」が郵送されてきました(名前は私が黒塗りしました)。

f:id:nakanocitizens:20191107035626j:plain

f:id:nakanocitizens:20191107034649p:plain

「電子メールの写し」を公開するとあります。

 

8月26日、中野区役所8階の道路課に開示文書を取りに行きました。

公園緑地課などの情報公開請求の場合、4階の区政情報コーナーでお金を払うのですが、道路課は職員がその場で書類をフォルダーから出して9枚コピーしてくれて、コピー代90円はその場で支払いました。新しいな。というか「CDによる交付」の希望がまるっとスルーされとる。枚数少ないからいいけど。

 

開示された9枚はこちらです↓。内容は区民から区役所に届いた「安倍晋三来る」捨て看板への苦情のメールですね。一部公開というのは、送信元のメールアドレスなどが非公開(黒塗り)になっているからです。メールの数は5通でしょうか。

……ちょっと待て。

これは「(1)中野区が区民などから受けた苦情の時期と件数と内容」ですね? (2)から(4)はどうしましたか。決定書に不開示とか何とかの記載もなくて単にスルーされてます。

不服審査請求

「区政情報一部公開決定通知書」に「この処分に不服があるときは、この処分の通知を受けた日の翌日から起算して3か月以内に、中野区長に審査請求することができます」とあります。

9月7日付で不服審査請求しました。(2)-(4)も含め「請求された文書は全て公開する」ことを求めました。画像は郵送した審査請求書に9月11日付の中野区の収受印が押されたものです(名前や連絡先は私が黒塗りしました)。

f:id:nakanocitizens:20191107045841j:plain

不服審査されなかったっぽい

待つことしばし。

10月15日付で中野区から書類が2つ送られてきました。ひとつは「区政情報一部公開決定取消し通知書」(名前は私が黒塗りしました)。

f:id:nakanocitizens:20191107180540p:plain

処分を取り消す理由

請求情報の内容について、公開することができない文書等および公開することができない理由を区政情報一部公開決定通知書に記載していなかったため。

 

文書の名義は中野区長。情報公開の不服審査を取扱う「情報公開・個人情報保護審査会」ではありません。

ということは不服審査してないですね? かといって通常の情報公開の「15日以内」は大幅に過ぎてますし(最初の情報公開請求から2カ月超)。

 

10月15日付で出された文書のもうひとつは、改めて「区政情報一部公開決定通知書」でした(名前は私が黒塗り)。

f:id:nakanocitizens:20191107191127p:plain
f:id:nakanocitizens:20191107191111p:plain
8月26日の「区政情報一部公開決定通知書」との主な違いは、(2)-(4)について「文書等は存在していない」と明記されたこと。理由として「(2)即時撤去した看板の位置と数、時期、道路課などから作業に従事した人員の数」「(3)撤去した看板の保管料と処分料などを責任者へ請求した状況と時期、責任者の名称、それぞれの請求金額」は、

通常業務のため特段の資料等を作成していない

「(4)(3)が支払われたかどうか、支払われたとしたら支払われた金額と時期、支払われなかった場合は中野区はその費用をどうしたか、が分かる書類の一切」は、

個別の契約等を行っていないため費用は発生していない

とあります。

 

「公開の日時」10月17-31日との記載で、10月18日に道路課に取りに行くと、担当職員が休みのため分からないということでした。週明けの21日にまた行きました。担当職員によると、公開する文書は8月26日に交付した9枚と同一(コピー代90円かかる)ということでした。なので再度の交付は受けませんでした。

捨て看板の処理費は誰が負担したか

担当職員に聞いてみました。

Q 契約を行ってないというのは?

A 委託とかはでなく職員が回って撤去したため特段の費用は発生してない。

Q 撤去した看板の保管費用を請求する場合もあるとされているが?

A 看板の撤去は日頃からやっていて、簡易除却で処理したので個別の費用は発生していない。

Q 不動産の捨て看板で連絡先が書いてある場合も保管費用や処理費用は請求しない?

A していない。公示して問い合わせがあった場合は期日までに取りに来るよう言うことも。

Q 自民党関係に問い合わせは?

A  していない。

Q 公示した?

A していない。

結論 

安倍晋三来る」の捨て看板の処理費用は中野区が負担したようです。

 

https://pbs.twimg.com/media/D-scuYKU8AAXKAc.jpg

上の写真は@orangkucing さんのツイート画像からの直接リンクで表示。2019年7月5日中野駅南口近くで撮影されました。

 

下の写真は初公開です(手ブレ失礼)。

f:id:nakanocitizens:20191107200443j:plain

プライバシー保護のため画像中で飛んでいるのは中野区の非公式ゆるキャラナカノちゃん」です。

f:id:nakanocitizens:20191107202447g:plain

撤去お疲れさまでした!

 

( r ) 2019/11/7記