中野区の小学校を潰したあとに大規模マンションとちっちゃな公園が建設中(2018/10/15撮影)おかのうえ公園

中野区の区立小学校があった高台のいい土地に、大規模マンションとちっちゃな公園が建設中です。

東中野小学校跡地
住所:東京都中野区東中野5丁目27番

 

公園の名前が決まったというお知らせがありました(2018/10/5中野区議会建設委員会)。「おかのうえ公園」2018/11/5開園予定。


中野区のお知らせ。

f:id:nakanocitizens:20181020142508j:plain

公園計画平面図。

f:id:nakanocitizens:20181020142502j:plain

(仮称)東中野五丁目公園の計画平面図作成のお知らせ(2017/1/23区議会建設委員会) 


東中野小の敷地は、落合駅に近い交通至便ないい土地です。

f:id:nakanocitizens:20181021102333j:plain


公園開園間近の2018/10/15、早稲田通りから少し南に入り、この場所を見に行きました。

f:id:nakanocitizens:20181020183659j:plain

f:id:nakanocitizens:20181020184442j:plain

 
建築現場の囲いに掲示された各種表示。
小学校があったこの場所で大きなマンションが建築中なのです。

f:id:nakanocitizens:20181020233215j:plain

 

囲いの隙間の透明なプラスチック越しに覗いた建築現場。

f:id:nakanocitizens:20181020234705j:plain


囲いに沿って行くと東中野区民活動センター。ここも旧小学校敷地内です。

f:id:nakanocitizens:20181020211326j:plain


区民活動センターの角のあたりに「おかのうえ公園」の園名板。

f:id:nakanocitizens:20181020211319j:plain


そこから「おかのうえ公園」へ続く通路。

f:id:nakanocitizens:20181020211313j:plain


区民活動センターに隣接して、開園前の「おかのうえ公園」がありました。
円形ベンチ2つ(3つ?)。隅にブルーシートをかぶった複合遊具1つ。
マンションを作っている業者が建設する区立公園だそうです。

f:id:nakanocitizens:20181020211307j:plain


先ほどの園名板には「見晴し台」の字があります。

f:id:nakanocitizens:20181020211648j:plain


張られた透明ビニールシートの向こうが見晴らし台になるのかな? 中野区のHPは、見晴らし台は隣接するマンションの「屋上と高さを調節する必要があるため、住宅の完成予定の平成32年(2000年)11月末まで整備工事を延長」するとしています。公園の開園から2年以上先です。

f:id:nakanocitizens:20181020211645j:plain


公園と通路の外側の道路は急坂。下まで降りてみます。

f:id:nakanocitizens:20181020211302j:plain

 

急坂に沿って急階段。急階段の上は、かつて小学校の通用門だったそうです。

f:id:nakanocitizens:20181020211642j:plain

f:id:nakanocitizens:20181020211638j:plain

 校舎があった頃のこの階段の写真が貼られた、どなたかのブログ


急階段越しに見たマンション建設現場。

f:id:nakanocitizens:20181020211634j:plain

このへんの土地は南東側の神田川に向かって傾斜しています。
昔の人は困難な傾斜地に、子供たちのために広い学校用地を造成しました。いま業者がその傾斜地に、地上5階地下3階(一部実質8階建?)、戸数100戸近くの大規模マンションを建てています。

 

建設現場の囲いに貼られた建築計画のお知らせ。

f:id:nakanocitizens:20181020211811j:plain


囲いに貼られた、マンションと東中野区民活動センターと「おかのうえ公園」の平面図。マンションの一角に保育施設の字が見えます。

f:id:nakanocitizens:20181020211808j:plain

区民活動センター用地 1,300.48 m² (区が整備)
区立公園 1,682.75 m² (付帯工事として業者が整備)
住宅等(売却用地) 3,998.03 m² (業者が整備)

元の小学校の敷地の57%強がマンションです。

 

同じく出来上がり完成予想図。

f:id:nakanocitizens:20181020211805j:plain
「おかのうえ公園」。このほとんど何もない、ちっちゃな公園は何の役に立つのでしょう?
マンションの北東側の棟にとっては日照と眺望を保障され、区立公園だから「今後南側に建物が建たない」、マンションの資産価値を高める役に立ちます。
南東側の棟は屋上が「公園からデッキで結ばれ、新宿の高層ビル街を望む」と完成予想図に書いてある。だから「おかのうえ公園」の見晴らし台は、マンションの「屋上と高さを調節する必要があるため、住宅の完成予定の2000年11月末まで整備工事を延長」、って中野区がHPで言ってるわけです。
業者が区立公園を、その土地を買う金も出さずして、マンションの一部みたいに使えるんですね。

 

東中野小跡地の開発業者決定のお知らせ。東京建物・三菱地所レジデンス・東急建設の共同事業体。代表者は東京建物。土地買受希望価格17億6900万円(2016/11/15区議会建設委員会) 

 

区民説明会の記録を見ると、中野区、東中野小の敷地は売らないって約束しておいて、開発業者に売ったようです 。

f:id:nakanocitizens:20181020135100j:plain

 

中野区が東中野小敷地をマンション業者に売った関連の経過と資料をまとめたウェブページです。

 

(中野区よくウェブページ消すから今後リンク切れになるかもしれないので、念のためインターネットアーカイブに保存されている同じデータを貼っておきます)


東中野小は住民の強い反対を押し切って2009年に廃校にされました。廃校前後のことが書かれた、どなたかのブログがあったので貼ります。

東中野小は昭和小と統合、旧昭和小敷地内で「白桜小」となりました。

 

2018/9/10『建設通信新聞』ウェブ版は、統廃合された校舎敷地の再開発が盛んである旨の記事を載せました。「まとまった規模の敷地である上、活用しやすい整形地が多い」そうです。

f:id:nakanocitizens:20181020225109j:plain


ふざけんなよ。
昔の人が子供たちの学校のために、高台の広い土地を造成してくれた。それを売ってマンションにする。子供たちは統合した学校に他の施設と一緒に押し込めて。


「おかのうえ公園」哀しい名前です。

 

 

(2018/10/26追記) 東中野小閉校の際に中野区がしていた説明がインターネットアーカイブにありましたので貼ります。

中野昭和小学校・東中野小学校の統合に伴う通学安全対策及び跡地活用方針についての地域説明会(第1回、第2回)実施結果 | 中野区公式ホームページ


( r )

 

開発で、中野の景色は変わってしまう。いま見ている景色はもう2度と見れないかもしれない。なるべく出かけていって、写真に残したいと思い始めたところです。