公園改修工事での事故についての備忘(2021年3月)

2021年2月に東京都中野区内の公園の改修工事で死亡事故がありました。亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、原因が解明され再発防止策が取られることを切に願います。2021/3/18記

事故の状況

当日の報道

当日のTBSニュースは警視庁の話として「多目的トイレの設置中に」「木材で組んだ足場の上に完成間近の多目的トイレを載せて作業していましたが、何らかの原因で足場が崩れ」「下敷きになった作業員の男性が死亡」したと報じました。

f:id:nakanocitizens:20210318124637j:plain

工事の内容

この時のトイレ設置は、2つの区立公園で行われていた中野区発注の公園ユニバーサルデザイン改修工事の一部です。

f:id:nakanocitizens:20210318131626j:plain

改修工事で更新される前のこの公園の古いトイレ(Googleストリートビューより)。今回の事故の前に解体撤去済み

f:id:nakanocitizens:20210318073502j:plain

東京電子自治体共同運営電子調達サービスの入札情報

f:id:nakanocitizens:20210317235520j:plain

事故が起きた公園の工事の内容(中野区ホームページより)

事故の後

1週間後

事故の1週間後に通りかかったら、公園入口前にパトカーが停まって警官が立っており、まだ現場検証が続いているようでした。

f:id:nakanocitizens:20210317234920j:plain

2021/2/23撮影
1カ月後

事故から1カ月後。現場検証は終わったらしく、警官の姿はありませんでした。しかし公園の工事エリアは閉鎖され、工事は行われていませんでした。

f:id:nakanocitizens:20210318000659j:plain

2021/3/16撮影(一部画像中の文字を隠しています)

f:id:nakanocitizens:20210318003412j:plain

工事は休止

f:id:nakanocitizens:20210318002132j:plain

2つの公園で行われていた公園ユニバーサルデザイン改修工事は、両方とも休止となりました。

f:id:nakanocitizens:20210318002006j:plain

中野区ホームページより

その後、事故が起きた方ではない公園は3/29工事再開。

f:id:nakanocitizens:20210328222119j:plain

現場の状況 

事故から1カ月と少し経った現場の写真を、公園のわりと近くに住む友人が送ってくれました。

f:id:nakanocitizens:20210318002600j:plain

f:id:nakanocitizens:20210318002549j:plain

f:id:nakanocitizens:20210318002555j:plain

2021/3/17友人が工事フェンス越しに撮影
もう1つのユニット

友人の写真に、真新しい白い四角いトイレの建物が写っています。しかしこれは、事故の原因となったトイレのユニット(パーツ)ではなく、その隣に先に設置されていた、もう1つのユニットのようです。下のTBSニュースのキャプチャ画像では、原因となった建物(画面中央)の右側の柱と木の陰に映っています。

f:id:nakanocitizens:20210318124642j:plain

事故の際の作業はトイレの「曳家」

事故は、柱と木の陰のトイレ建物ユニットの左隣りに、トイレの建物の残りのユニット(画面中央)を設置しようとした際に起きたようです。この際の移動の方法は「曳家」と呼ばれるものでした。

ひきや【曳家・引家】
建築物を解体せずにそのまま水平移動させて、他の場所に移すこと。曳舞。
大辞林 第三版

原因となったユニット

事故原因のユニットは、設計図(下図)では、青色の長方形で示した位置に設置する予定でした。すぐ上の四角が、友人の写真に写っている白いトイレ建物ユニットです。

f:id:nakanocitizens:20210318110701j:plain

中野区ホームページ「工事の内容」を一部拡大して加筆

f:id:nakanocitizens:20210318004436j:plain

土の上に跡(赤矢印の下)が残っていました。事故原因のトイレ建物ユニットを、事故のあと現場検証が終わり撤去のため移動した跡でしょうか。2021/3/17友人撮影

f:id:nakanocitizens:20210318004442j:plain

手前の真新しいコンガラ(コンクリートがれき)と鉄筋、鉄板は、事故が起きたトイレ建物ユニットの残骸と推測されます。現場で解体破壊され、回収を待つばかりの状態です

f:id:nakanocitizens:20210318004448j:plain

まとめて積み上げられた木材の一部が割れています。曳家で用いられる硬い木(アピトン)の角材のようです。これも産廃として回収されると思われます

アピトン - Wikipedia

現場に供花

f:id:nakanocitizens:20210318005616j:plain

現場に花と煙草やビールなどが供えられていました。2021/3/17友人撮影

f:id:nakanocitizens:20210319161515j:plain

重ねてご冥福をお祈りいたします。どうかもうこのようなお気の毒な事故が起きることがありませんように。

3/20追記: 東京労働局のリリース

「曳家作業中」と発表

東京労働局が3月に発表した「当月把握死亡災害」(速報値 2021年2月末日現在)は、事故の状況について「被災者は、公衆トイレを曳家作業中、地盤が崩れたことによりトイレ本体が傾倒し、トイレと地盤の間に挟まれ死亡した」として、行われていた作業が曳家であったことを明らかにしました。事故当日のTBSニュースは警視庁の話として「足場が崩れた」と伝えましたが、東京労働局は「地盤が崩れた」としています。また亡くなった方は10年以上20年未満の経験を持つ技能者だったようです。

統計情報の目次 | 東京労働局

https://jsite.mhlw.go.jp/tokyo-roudoukyoku/content/contents/000814266.pdf

f:id:nakanocitizens:20210320141006j:plain

4/19追記: 5/10工事再開のお知らせ

f:id:nakanocitizens:20210419020415j:image

f:id:nakanocitizens:20210419020351j:image

4/30追記: 事故影響による予算処理変更

中野区は2020年度補正予算で、事故のため工事が年度を越えることによる予算処理の変更を、3月11日中野区議会本会議と16日総務委員会に報告しました。4月19日と28日に会議録公表。

f:id:nakanocitizens:20210430045547j:image


f:id:nakanocitizens:20210430045550j:image
f:id:nakanocitizens:20210430045553j:image

補正予算説明書 https://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/102000/d028651_d/fil/2nendo11gouhosei.pdf の該当部分は下の通り。

f:id:nakanocitizens:20210430050145j:image

 

f:id:nakanocitizens:20210430050341j:image

f:id:nakanocitizens:20210430050307j:image

 

(中野非公式通信) &(く)

 

【PR】