旧中野刑務所正門(中野区文化財「旧豊多摩監獄表門」)見学会と刻印煉瓦について(2021年11月)


旧中野刑務所正門(旧豊多摩監獄表門、通称 平和の門)の一般見学会の様子を紹介するとともに、門に使われた煉瓦の製造場所を示す刻印について記す。2021/11/6記

旧中野刑務所正門見学会

現状で最後の公開

2021年11月5(金)6(土)の両日、東京都中野区新井3丁目の旧中野刑務所正門で一般見学会が開かれた。

f:id:nakanocitizens:20211106163409j:plain
旧中野刑務所正門見学会。2021/11/5(く)撮影

大正時代の煉瓦建造物で、司法省技師 後藤慶二の唯一の現存する作品。治安維持法下で三木清を始め多くの政治犯や思想犯が収監された。

2021年6月に「旧豊多摩監獄表門」として中野区文化財に指定された。門以外の刑務所の残りの建物は1983年の廃庁とともに解体され、跡地の大部分は平和の森公園や東京都下水処理施設などになっている。

門のある法務省矯正研修所跡地は隣接する平和の森小学校の移転予定地で、門は2024年度ごろから曳家により西へ100メートル移築される予定。今回は一般の人が現状の門を見学できる最後の機会とあって、見学会は盛況で、特に2日目の土曜日は開始前から長い列ができ開始時刻が15分繰り上げられた。中野区長は見学会参加者を初日約800人、2日目2000人超とツイートした。のちに共産党の羽鳥区議は自身のニュースに「5000人以上」という数字を掲載した。

特徴的な煉瓦積み

f:id:nakanocitizens:20211106122638j:plainf:id:nakanocitizens:20211106122630j:plain
旧中野刑務所正門。2021/11/5撮影

正面扉、シャンデリア、守衛室、記章など

f:id:nakanocitizens:20211106123414j:plainf:id:nakanocitizens:20211106123405j:plain
旧中野刑務所正門の正面扉とシャンデリア。2021/11/5撮影

門の正面上部に白くエンブレムの跡が残っている。見学者への説明のため現地に配置されていた中野区の学芸員によると、エンブレムは風で落ちて破損したため修理中とのことだ。

また、東側守衛室の受付用の半丸窓は豊多摩監獄時代にはなかったので、門の保存運動に取り組んできた「平和の門を考える会」によると保存されるかどうか未定らしい。
f:id:nakanocitizens:20211106132857j:plainf:id:nakanocitizens:20211106132906j:plain
旧中野刑務所正門。東側守衛室の半円窓の内側と外側。2021/11/5撮影
nakanocitizens.hatenablog.jp

刑務所の塀と矯正研修所建物

小学校の校舎建設前に矯正研修所の建物は解体撤去される。敷地内のコンクリート塀は刑務所時代の塀の一部だが、それも撤去される。
f:id:nakanocitizens:20211106132915j:plain
旧中野刑務所正門西側の塀が切り取られた跡。2021/11/5撮影
f:id:nakanocitizens:20211106180617j:plain
敷地内の刑務所の塀。2021/11/5(く)撮影

NHKクルー3人が取材に来ていた。
f:id:nakanocitizens:20211106113545j:plain
旧中野刑務所正門見学会を取材するNHKクルー(左端)。2021/11/5撮影
この時の取材で書いたと思われるNHKの記事。

中野区のチラシと資料

f:id:nakanocitizens:20211106134602p:plain
見学会チラシ

f:id:nakanocitizens:20211106150432j:plain
現地で配布されたチラシ (表)
f:id:nakanocitizens:20211106153650j:plain
現地で配布されたチラシ (裏)

刻印煉瓦

上掲のチラシに刻印のある煉瓦についての説明がある。

f:id:nakanocitizens:20211106150611j:plain
刻印煉瓦についての説明

「上敷免製」の刻印

下の写真の青丸が、煉瓦の刻印の場所だ。煉瓦が装飾のため斜めに削られて積まれている箇所のため、刻印は一部分だけになっている。

f:id:nakanocitizens:20211106154011j:plain
刻印煉瓦の場所(青丸は加筆)。2021/11/5撮影
文字の判読は非常に困難だが「上敷免製」と読める。
f:id:nakanocitizens:20211106151521p:plain
刻印煉瓦 2021/11/6(く)撮影&作図。刻印の解読で 黒色部分は現存、赤色部分は補完
「上敷免製」の刻印のある煉瓦は、日本煉瓦製造株式会社の工場 (埼玉県深谷市。国重要文化財) で製造されたものだ。刻印の文字方向は右から左の「製免敷上」の場合が多いようだが、この刻印は左から右である。

れきみん所蔵煉瓦は「製免敷上」

f:id:nakanocitizens:20211106165544j:plain
右から左の「製免敷上」刻印のある旧中野刑務所の煉瓦。中野区立歴史民俗資料館蔵。2020/6/3(く)撮影。

2カ所で製造された煉瓦を使用

「中野区文化財指定調書」(リンク)は、株式会社間組の『旧豊多摩監獄解体調査報告』(1985)を参照し、旧中野刑務所正門の煉瓦について次のように記している。

使用された煉瓦は2カ所で製造されたものであり、桜の刻印(一重と二重の2種)のあるものが小菅監獄の囚人による製作品で、「上敷免製」(「製免敷上」もあり)の刻印が日本煉瓦製造株式会社のものである。

矯正図書館に桜の刻印煉瓦

旧中野刑務所正門のすぐそばの矯正図書館に、小菅監獄でつくられた桜の刻印(二重)の煉瓦が展示されている。

f:id:nakanocitizens:20211110075920j:plain
桜の刻印(二重)のある煉瓦。所蔵・撮影許可: 矯正図書館。旧小菅監獄から採集されたもので旧中野刑務所で使用されたものと同種。2021/11/9(く)撮影
f:id:nakanocitizens:20211110083428p:plain
矯正図書館の桜の刻印煉瓦の説明。撮影許可: 矯正図書館。2021/11/9(く)撮影
nakanocitizens.hatenablog.jp

旧中野刑務所正門のオンライン資料

中野区HP

www.city.tokyo-nakano.lg.jp www.city.tokyo-nakano.lg.jp www.city.tokyo-nakano.lg.jp f:id:nakanocitizens:20211109165213p:plainf:id:nakanocitizens:20211109165229p:plainf:id:nakanocitizens:20211109165247p:plainf:id:nakanocitizens:20211109165304p:plain

中野区立図書館デジタルアーカイブ

中野区立図書館デジタルアーカイブで中野刑務所や旧中野刑務所正門についての資料が公開されている。主なものは次の通り。

中野区『中野のまちと刑務所 中野刑務所発祥から水と森の公園まで』中野区, 1984年. archive.nakano-library.jp

中野区立中央図書館『収監の作家・文化人 -中野刑務所1910~1983- 地域の著作者紹介シリーズ No.7』中野区立中央図書館, 2011年. archive.nakano-library.jp

建文『旧中野刑務所正門学術調査報告書 令和元年10月』中野区区民部文化・国際交流課, 2019年. archive.nakano-library.jp

(中野非公式通信)& (く)

過去記事など

旧中野刑務所正門についてこれまで書いた記事やまとめ

nakanocitizens.hatenablog.com nakanocitizens.hatenablog.com

刑務所見学は人気

nakanocitizens.hatenablog.jp

S6.6.7の豐多摩刑務所(震災復旧)落成式
f:id:nakanocitizens:20211106163447j:plain
旧中野刑務所正門見学会。2021/11/5(く)撮影

【PR】