中野区の平和の森公園じゃぶじゃぶ池が今年も開業できない理由(2020年6月、備忘)

概要

東京都中野区内の公園のじゃぶじゃぶ池(幼児の水遊び場)は、新型コロナのため2020年度は軒並み中止となりました。もっとも、当初2019年開業予定だった平和の森公園じゃぶじゃぶ池は、給水元の中野区立総合体育館が建設遅れにより完成していないため、どちらにせよまだ開業できなかったと思われます。2020/6/29記(備忘)

 

じゃぶじゃぶ池中止

2020年夏現在、じゃぶじゃぶ池がある中野区立公園は上鷺東公園、江原公園、大和公園、新井薬師公園、けやき公園、宮の台児童遊園、南台公園、丸山公園、栄町公園の9カ所。暑くてハードな都会の夏の育児にとって貴重な水遊び場ですが、新型コロナウイルス感染症の流行を受け「密接・密集を避けた開催」が困難なためとして、6月26日、区ホームページで中止が公表されました。


中止のお知らせ(インターネットアーカイブ、以下のお知らせも同じ)

 

区立公園のその他の水遊び場も軒並み中止に。
四季の森公園「池流れ」当面中止。

広町みらい公園「滝、流れ」2020年度中止。

平和の森公園「水遊び場」2020年度中止。

ん?

この指定管理者のホームページ、「新型コロナウイルス感染症に関する昨今の状況を鑑み、水遊び場の密接・密集を避けた開催方法について検討を重ねて参りましたが、今年度の開催は困難であると判断いたしました」って、中野区ホームページのじゃぶじゃぶ池お知らせと同じ表現になってるけど、平和の森公園はコロナだけのせいじゃないような。

 

平和の森公園じゃぶじゃぶ池

平和の森公園(東京都中野区新井)のじゃぶじゃぶ池は、公園全体の「再整備」工事により「未開園区域」に新設、実施設計では2019年6月に完成し、第2工区(南側)の他の部分より先に開業することになっていました。

 

平和の森公園再整備実施設計報告書⬇️。(日本設計。中野区が区民の請求に応じ2018年末に情報公開)

実施設計では第2工区の工事期間は2019年7月まで。じゃぶじゃぶ池は、第2工区全体に先立つ同年6月竣工が「与条件」とされ、同年7月に部分開園すると記載されています。

 

f:id:nakanocitizens:20200629074340j:plain

 

f:id:nakanocitizens:20200629080112j:plain

 

ところが実際には平和の森公園第2工区の完工は、当初の2019年7月31日から2020年1月31日に、さらに2020年3月6日に再度延期され、再開園は2020年4月1日でした。

 

再開園後も、じゃぶじゃぶ池は2020年6月下旬現在も立入禁止のロープが張られていました。

f:id:nakanocitizens:20200629085302j:plain

(中野区の平和の森公園じゃぶじゃぶ池。2020/6/20撮影)

 

さて平和の森公園の同じく「未開園区域」では、中野区立総合体育館が新築中です。こちらも工事が遅れており、完工予定は当初2019年12月31日だったのが、2020年3月12日に延期され、さらに5月29日に延期され、現在の完成予定はみたび延期されて7月31日ということになっています。

f:id:nakanocitizens:20200629085326j:plain

(平和の森公園じゃぶじゃぶ池越しに撮影した、建設中の中野区立総合体育館。2020/6/20)

 

上の実施設計報告書によると、平和の森公園全体への給水と給電は体育館から行われることになります。実施設計の時点では公園への給水引込みは3カ所あるが、工事期間中または後に撤去あるいは変更するとのこと。

 

2020年6月の中野区のお知らせ⬇️によると、6月下旬から7月下旬にかけて平和の森公園への給水と給電の切替工事が行われます。

 

給水工事が済んで水が供給されなければ、水遊び場は開業できません。

f:id:nakanocitizens:20200629085343j:plain

(平和の森公園じゃぶじゃぶ池吐水口。2020/3/25撮影)

f:id:nakanocitizens:20200629085359j:plain

(平和の森公園水遊び場の一部「カスケード」(水流れ)。2020/3/25撮影)

 

「増築」

じゃぶじゃぶ池の傍らの「パーゴラ」(あずまや)。2020年6月下旬の現在もコーンとバーで厳重に囲まれ「この休憩施設は竣工前のためご利用できません」との掲示があります。

f:id:nakanocitizens:20200629085313j:plain

(平和の森公園じゃぶじゃぶ池傍らのパーゴラ。2020/6/20撮影)

f:id:nakanocitizens:20200629093845j:plain

はい。平和の森公園第2工区は既に3月に竣工し、4月に再開園しました。「竣工前のため」って変ですよね?

 

実は中野区立総合体育館の新築工事は、隣接地と地下にある東京都下水道処理施設の「増築」ということで建築確認が下りているのです。そして平和の森公園じゃぶじゃぶ池傍らのパーゴラの設置は、下水道処理施設増築としての体育館工事の一部なんです。詳細は下記まとめ参照。⬇️

 

したがって体育館が完成して竣工検査が済むまでは、スポーツ公園化工事で大量の木が切られて木陰が少なくなった平和の森公園の貴重な日陰であるパーゴラは、この暑いのに「使用禁止」のままってことです。なんでそんなことになってるんだか。

 

(中野非公式通信)

 

中野区が2016年に区民に示した、平和の森公園じゃぶじゃぶ池とパーゴラの完成予想イラスト⬇️です。

f:id:nakanocitizens:20200404021007j:plain

こちら⬇️は実際に完成した平和の森公園じゃぶじゃぶ池とパーゴラを、比較対照のため知人がイラストとだいたい同じ角度から撮影しました。木が少ないですね。あとパーゴラは、地下下水道処理施設の荷重制限により、イラストより貧相になっています。

f:id:nakanocitizens:20200408165044j:plain

(平和の森公園じゃぶじゃぶ池とパーゴラ。2020/4/7知人撮影)

 

平和の森公園じゃぶじゃぶ池への区民や区議の反応は下の2つのまとめ参照。⬇️⬇️

 

平和の森公園と体育館のまとめや記事、開示文書などは下記参照。⬇️