都議選中野区は情勢および出口調査では公明が落ちそうだったが実際は自民が落ちた(2021年7月)

2021年7月4日の東京都議会議員選挙は、中野区では事前の情勢と当日の出口調査は主要4候補のうち公明現職が落ちそうな感じだったが、実際は僅差で自民新人が落ちた。2021/7/5 (敬称略)

選挙結果

定数3の中野区選挙区には立憲民主党都民ファーストの会公明党の現職に自民党新人の主要4候補および無所属の計5人が立候補し、現職3人が当選した。選管最終の開票結果 (23:06確定) は次の通り。

当 立憲  西沢けいた 35,749

当 都ファ 荒木ちはる 32,743

当 公明  高倉良生  24,364

落 自民  いでい良輔  22,527

落 無所属 沢口ゆうじ 3,826

前回と比較

前々回までは定数4で参考にならないので前回 (2017年) とだけ比べる。

f:id:nakanocitizens:20210705095825j:image
f:id:nakanocitizens:20210705095855j:image

中野区選挙区の投票率は2017年の50.72%から2021年は43.56%に7.16ポイント下がった。各候補の得票数の合計は13万6384から11万9209に1万7175減った。

立憲の西沢は前回得票から1万1875票伸ばしトップ当選した。しかし今回、共産は候補を立てず西沢を応援したのだが、今回の西沢の得票は前回西沢得票に前回共産浦野さとみの得票を足した4万3980と比べ8231票少ない。

都ファ代表で小池百合子都知事元秘書の荒木は一時苦戦が伝えられ、前回の大量得票から1万1361票減らしたものの、結果は2位当選で面目を保った。

公明高倉は前回から283票減で最下位当選に滑り込んだ。

自民いでいは前回の川井しげおの得票から8票減で、川井と同じ次点に終った。

まとめると公明と自民の得票は前回から減ったもののそれほど変わらなかった。いでいは当選のためには前回と比べ数千票単位の積み増しをしなければならなかったができなかった。都ファは票を大きく減らしたが前回取り過ぎたのでこれくらい取れれば上等だったのではないか。立憲は大幅に得票を増やしたが前回共産得票数に比べ増え方が少なかった。

荒木票の減少分に、今回の西沢票と前回西沢浦野票合計との差を足すと1万9592になる。各候補得票数合計の前回からの減少1万7175の一部は前回荒木か浦野に投票した人かもしれない。

事前の情勢と出口調査

毎日新聞は6月29日、インターネット調査と取材をもとに中野区について1西沢2いでい3荒木4高倉との趣旨の情勢を伝えた。

また投票終了直後にNHKが流した出口調査は、1西沢2荒木3いでい4高倉となっていた (画像参照) 。

f:id:nakanocitizens:20210705115628j:image

結果は西沢トップ当選、荒木も当選した。

実際と違ったのがいでいと高倉で、高倉は最下位ながら当選し、いでいは落選した。まるで、実際には高倉に投票する/した人たちが、調査に対しては「いでいに投票する/した」と答えたかのような印象を受けないでもない。

公明は区議選より得票数が多い

下記ブログの中野区議選の党派別得票数のグラフを見てほしいんだが、中野区議選の公明党の得票は合わせて1万6000とか1万7000とかそんなものである。

高倉がどうして毎回2万4000票超とか得票して当選できているのか、私はかねてから不思議に思っている。

今回の都議選で公明党は複数の候補を落とすのではないかという予測もあり、高倉も落選の可能性がある中に含まれていたが、結果は今回も全員当選だった。おそるべし。

マイク納めの状況

中野区内で選挙の街宣の一等地は中野駅北口広場だ。詳しく説明したくないが、2019年の中野区議選では中野駅北口広場をめぐる熾烈なマイク納め場所の争奪戦があった。北口の次にいいのは南口だ。

今回の都議選、選挙戦最終日の7月3日に中野駅北口広場でマイク納めをしたのは公明党で、山口那津男代表が応援弁士に入る力の入れようだった。

都ファのマイク納めは中野駅南口。少し前まで病気療養中だった小池知事が、3日午前中に中野駅南口の荒木の選挙事務所 (党選対本部兼) に激励に訪れたうえ、マイク納め (のあと?) にも駆けつけたそうだ。

立憲のマイク納めは東中野駅で応援弁士は地元の長妻昭衆議院議員と酒井直人中野区長ら。

自民党は夕方中野駅北口で小泉進次郎を応援弁士に街宣したようだが、マイク納めは中野坂上で弁士は地元の松本文明衆議院議員だった。マイク納めを見る限りでは、公明党の力の入れように対し自民党は通常対応という感じがしないでもない。

 

今回、中野区の左派にとっては西沢以外の選択肢がなく自公都ファのうち1人しか落とせないため、個人的には正直あまり盛り上がってなかった。しかし蓋を開けてみたらなかなか仁義なき選挙戦という感じで興味深かった。 

追記: 各党の都議選総括

候補擁立しなかった共産党

公明党

 

(中野非公式通信)

 

f:id:nakanocitizens:20210705205947j:plain

2021/7/5中野区内で撮影

【PR】