東京都住宅供給公社中野駅前住宅は解体されました。築67年でした (2019年12月)

中野駅前住宅解体

2019年12月、JR中野駅南口前の東京都住宅供給公社中野駅前住宅(中野区中野二丁目)は解体されました。

f:id:nakanocitizens:20191209103538j:plain

f:id:nakanocitizens:20191209103524j:plain

2019年12月2日、JR中野駅ホームから撮影。画面奥(南側)に写っているのは、先行して同年完成した賃貸住宅コーシャハイム中野フロント14階建。

 

f:id:nakanocitizens:20191209103315j:plain

築年数67年。

 

下は東京都住宅供給公社中野駅前住宅に関するサイトです。昔の貴重な写真や、住人の最後のお花見の様子などが記録されています。

 

跡地には37階建タワマンと20階建オフィスビルが建つことになっています。両ビルの完成予定は2022年12月→2024年2月へと最近延期されました。中野区はJR中野駅周辺の大再開発を計画していますが、そのひとつである両ビルと南口ロータリーの拡張を含む南口再開発の完了予定は2025年3月31日→2026年3月31日に延期。

f:id:nakanocitizens:20191209122553j:plain

(東京都都市整備局ホームページよりキャプチャ)

 

解体を前に工事用の白フェンスで囲まれた、在りし日の中野駅前住宅(中野駅ホームから2019年9月10日撮影)。

f:id:nakanocitizens:20191209184539j:plain

 

これは解体前、また住人がいた頃の2019年3月28日に最後の花を咲かせていた紅白ピンクの梅です。北側の千光前通りから撮影。

f:id:nakanocitizens:20191209103555j:plain

 

中野駅前住宅解体までの写真

2018年秋から中野駅前住宅解体までの様子をUPした私のツイッターを下に貼ります。

 コーシャハイム建設

 中野駅前住宅解体

 

解体はあっという間でした。 

 

 

 

( r ) 2019/12/9記