10/1「中野区シティプロモーション」サイト公開。シビックプライド向上を目指す…って、カタカナ多くない!? (追記あり)

中野区が2018/10/1に「中野区シティプロモーションサイト」を公開しました。 

 

ワークショップを開催するそうです。

“中野区シティプロモーションの取り組みの一環として、シビックプライド醸成のための市民・民間・行政が一体となって取り組むワークショップ「中野未来型プロジェクト」を実施します” 

 

“ワークショップの大テーマは「中野らしさ ✕ 中野でチャレンジしたいこと ✕ 実現力」”
第1回10/23-24中野区らしさを整理
第2回12/19-20中野区でやってみたいことを考える
第3回1/22-23中野区でやってみたいことを実現する
第4回3月下旬 発表会

 

担当は都市政策推進室産業振興分野グローバルビジネス推進担当

 

8/30区議会建設委員会に「中野区シティプロモーションの推進について」が報告されています。 平和の森公園5案が報告され46人が傍聴してた時の建設委員会ですね。

 

田中前区長時代の中野区グローバル都市戦略が中野区シティプロモーションに変更されたようです。この時の建設委員会でその旨の説明がありました。結果、事業コンソーシアムは作らないで済んだし、デジタルサイネージを作る費用5000万円が節約できたって話だったような(議事録まだ出てないから詳細不明)。(10/30議事録が公表されました*末尾注)

 

建設委員会に提出された資料によると、目的は「区に対する愛着を醸成」「人口増加」など。2月にブランドロゴとキャッチコピーを作る予定だそうです。中野サンプラザは壊して高層ビルに建て替えることに決まったから、ブランドロゴにサンプラザの意匠は使わないんでしょうね。

 

民間主体の取組ってことが強調されています。広告屋主体でなく区内の人たちの参画が中心のプロジェクトになっていくといいなと思います。

 

 ワークショップとかは、「プロ市民」呼ばわりされちゃうことなしに気軽に区政に関われる感じでいいですね。
内容はそういうわけで、今後の展開が期待だねって感じはするんですが……。

 

f:id:nakanocitizens:20181001123240j:plain

 

「シティプロモーション」? 「シビックプライド」? カタカナ多くないですか?

 

役所の文章カタカナ語多過ぎ。辞書とかネット検索しないと意味が分からないような用語を多用しないと文章を書けないのは頭悪いか、あるいは広告屋のプレゼンを丸写ししてるか、どっちかなんじゃないかって感じがしてしまいます。

 

わけわかんない文章を書いてそれをHPに載せるのは伝える気があるのか疑わしい、逆に意味が伝わらないことを意図してるのではないかと疑われても仕方がないと思います。分かりやすく書けないの? 書く気がないの?

 

これね、笑い事じゃないんですよ。ある情報を伝える文章に使う用語を選択することで、情報の受け手をも選別しているのだから。その語や概念が注釈なしで伝わらない人たちを情報の受け手として排除している。役所のやることじゃないと思います。

( r )

 

(2018/10/9 追記)

このワークショップ、第1回が10/23からなのに参加募集がかからない(10/5『なかの区報』でも告知されなかった)。「市民・民間・行政の三位一体体制」って書いてるけど、参加者あらかじめ決まってるってことかな?

 

というか、このカタカナだらけの広告屋の文章、何度みても気持ち悪いな。三位一体ってなんなのキリスト教なの?

 

さらにいうと「市民・民間・行政」っていう広告屋が書いた文章を、区役所で「区民・民間・行政」に直させないといけなかったでしょ。「市民運動」とかの意味の「市民」に参加してほしいんなら別ですけど。単なる住民の意味だったら、中野区は市民ではなく区民。

 

謎のワークショップ、10/9 に中野区役所のグローバルビジネス推進担当に電話してきいてみました。

以下その答え。

・今年度は既にメンバー確定しており一般公募しない

・区内立地企業、区内立地大学、区職員計30人程度

・開催後HPで開催したとお知らせする

 

\わぁー楽しみ/

   

 

 

(10/30追記 *末尾注) 公表された議事録

 

(2018/11/12追記)11/8の建設委員会で、中野区がこのワークショップのため業者に2140万円を払ったことが明らかになりました。8/30の時点では予算1億円余を「使わない」じゃなくて「まだ使ってなかった」だけだったみたい。

 

 

 

(11/14追記)そのワークショップの開催報告が中野区HPにUPされました。